日本正剛館空手道士会 総本部道場   SEIGOKAN KARATE-DO ASSOCIATION 

福岡本部道場

福岡本部道場   圓應寺道場

FUKUOKA- HONBU
圓應寺

師 範  三木 和信

福岡市中央区大手門 3-1-7 圓應寺

稽古場所 : 圓應寺道場

TEL 092-761-1454  FAX 092-761-1461



ホームページ http://ennouji.or.jp/

Eメール    karatedo@ennouji.or.jp



画像の説明   画像の説明





正剛館 圓應寺 正剛館 圓應寺 正剛館 圓應寺
         


浄土宗圓應寺は慶長7年16024月、黒田如水(くろだじょすい)公 の婦人照福院殿が創立した。

当時は照福山顕光院(しょうふくざんけんこういん)と号し、京都知恩院(ちおんいん) に属す。 開基は天蓮社眞譽上人見道和尚(てんれんしゃしんよしょうにんけんうかしょう)である。

照福院殿は播州志方(しかた)の城主櫛橋豊後守伊定(くしはしぶんごのかみこれさだ) の娘で天文22年1552年の生まれ。永禄21年(1566)16才で 黒田孝高(よしたか)に嫁し長政(ながまさ)を生んだ。戦国時代の武将の妻らしく 前半生は波乱に満ちたものだったという。

寛永4年(1627)8月26日,75才で福岡城で亡くなり照福院殿としてこの寺にまつられた。 寺は昭和20年の戦災にあい、戦後の都市計画で墓地が道路と公園にかかったので 照福院殿の墓は崇福寺に移された。 寺内には昭和55年建立に供養塔がある。

墓地は冨禄武家の墓が多く、黒田節の作詞をした国学者二川相近(ふたがわすけちか), 黒田25騎の桐山丹波守(たんばのかみ),更には国士無双といわれた玄平社 頭山満(かしらやまみつる)翁の墓もある。

黒田藩との関係から、孝高よしたか公には本尊阿弥陀如来像(快慶かいけい作) 長政(ながまさ)公からは月俸および白銀、 忠之(ただゆき)公 から知行(ちぎょう)百石, 継高(つぐたか)公 からは早良郡七隈(さわらぐんななくま)村に二万二千坪の 土地を拝領。

寺宝として弁財天一体、大黒天一体がある。弁財天は弘法大師(空海)の直作で、大黒天は 伝教大師(最澄さいちょう)一刀三礼(いっとうさんらい)の彫刻という。

現在の本堂、納骨堂等の伽藍は昭和54年(1979)の建立である。平成四年三月(1992) 第35世 圓譽代(えんよだい)




正剛館福岡本部道場   圓應寺道場 




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional