日本正剛館空手道士会 総本部道場   SEIGOKAN KARATE-DO ASSOCIATION 

剛柔流開祖 宮城長順先生 沖縄墓参


剛柔流開祖 宮城長順先生 沖縄墓参



平成25年 9月4日~5日 剛柔流開祖であられる宮城長順先生の墓参に、正剛館幹部総勢20名にて沖縄県に行きました。関西地区と九州地区に分かれての出発、台風17号の影響もあり、双方フライトに遅延がありましたが、晴天の那覇市内のホテルロビーにて集合しました。


今回の旅行は、正剛会 客員技術顧問の敬武會 佐藤彦空先生と ㈱守礼堂本社 中曽根健三氏にご案内頂き、出発となりました。


御一行は松山公園内にある顕彰碑へ 

今回お墓参りということで正剛会制服着用を考えたが、かりゆしを作成し正装として墓参を行った。

顕彰碑 顕彰碑 裏 顕彰碑 佐藤先生の説明 中塚師範 一歩前に 御一行 撮影に 顕彰碑の前で記念撮影! 


そしてその後、宮城長順先生の墓参へ




那覇市からバスで30分ほどで霊園に到着。一行はバスを降りて坂道を上ります。一番上に宮城先生のお墓があります。


御一行は頂上を目指して坂道を上ります。 御導師は三木和信理事長 脇導師は明吉哲成師範と明吉俊雄師範 そして大澤昭良師範 御経中です 宮城長順先生のお墓の前で、形 転掌を行いました・・ 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 形が終わり、御一行は安堵の表情^^ 宜野湾を望み、普天間基地もかすかに見える 沖縄の夏の空! 宮城家のお墓の前で


宮城長順先生の墓参が今回の目的であり、無事にお参りできたことに皆、満足そうな笑顔でお墓を後にしました。


また、佐藤彦空先生の案内にて、他の拳聖といわれた空手家のお墓にも案内していただき、ご丁寧な説明もして頂きました。


松茂良興作翁 顕彰碑 松村 宗棍 先生 墓碑 糸洲 安恒 先生 顕彰碑 花城長茂 先生 墓碑 

墓参はこれにて終了し、夕刻と成りましたが予定通り首里城に向かいました。




首里城に到着。守礼の門の前では、お決まりの集合写真

 
守礼の門 記念撮影! 修理中の首里城 二代目休憩と明吉俊雄師範  そっくりですよ、奥村師範^^  バスに乗ると必ずこうして説明していただける佐藤先生。ご苦労様でした。




ホテルにて、沖縄空手・古武道演武会および懇親会が始まりました。

佐藤先生の挨拶と演武の説明三木理事長の御礼の詞琉球舞踊「若衆ゼイ」 師範花岡尚子先生長嶺朝一郎先生 浜比嘉のサイ比嘉育哉先生 サイ3の形長嶺朝一郎先生 佐久川の棍小仲本雄一先生 周氏の棍大天願一馬先生 浜比嘉のトンファー長嶺守栄先生 周氏の棍小佐藤彦空先生の周氏の棍大山城昌親先生 セイユンチン河野仁志先生 シソーチン佐藤彦空先生 スーパーリンペイ演武者全員集合 お疲れ様でした。演武者集合されて




さぁ! 懇親会に入ります ^^  皆 踊ります・・

明吉哲成師範の乾杯より始まりました琉球民謡 三線師範 長嶺守栄先生の弾き語り!!^^ 三線のチューニングはドファドCFCだそうです。皆さん踊っています!皆さん踊っています皆さん踊っています 二代目も踊っておられます皆さん踊っています皆さん踊っていますアンコールで引き続き長嶺先生・・奏でます。唄います!!まだ、皆さん踊っています^^まだまだ、皆さん踊っています 本当にいい笑顔です^^宴は加古師範の挨拶で終わりました。最後は皆さんで集合写真!

二次会


こうして沖縄の初日が過ぎていきました・・・ 
2日目は守礼堂本社を訪ね、その後に嘉手納基地を見学します。






沖縄滞在2日目 晴天です! 出発9時に合わせて早々にロビーに集合し、バスに乗り込み定時前に出発!

最初に訪れたのは守礼堂本社。一同店内を模索しながら至福の時間を過ごします!

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明守礼堂本社スタッフの方々には大変お世話になりました。有難うございました。守礼堂 代表取締役 中曽根健士氏 と先代 中曽根健三氏  2日間にわたり、大変お世話になりました。
守礼堂本社 http://shureido-karate.com/hpgen/HPB/shop/shopguide.html




さて、御一行は ㈱守礼堂をあとにして嘉手納基地に向かうこととなりました。普段は一般見学できないようですが、今回は特別に基地内に入らせて頂きました。・・・広すぎます ^^;

嘉手納基地の入り口です




基地内は原則写真撮影は禁止されていましたので写真は多くありません。しかし撮影できる場所もありましたので集合写真を撮りました。


記念碑について

日本の降伏調印に伴い、南西諸島の日本軍も降伏文書に調印し、正式に沖縄戦が終結することとなります。

旧越来村、現在の嘉手納基地内で行われた降伏調印式には第32軍司令官・牛島満中将が自決したため、守備軍を代表して先島群島司令官・納見敏郎中将ら3人が出席。

米軍に対して琉球列島の全日本軍は無条件降伏を受け入れる旨を記した降伏文書に署名しました。これに対し、米軍を代表してスティルウェル大将が日本軍の降伏を受諾・署名し、1945年9月7日 沖縄戦は公式に終結 しました。


その調印を行った場所になるそうです。

画像の説明嘉手納基地内での集合写真嘉手納基地内での集合写真



一行は施設の将校倶楽部にてバイキングランチを頂きました。兵士達が凄い量の食事を皿にのせて食事されていたのが印象的でした。

基地内の風景ランチをしたOFFICERS CLUB壁に掲げられていました食事の後・・




そして御一行は、昼食を済ませバスに乗車、空港に向かうのでありました。

2日間お世話になりました。運運転手さんも空手をされていた方でした。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional